MV AGUSTA F3 675 試乗

お目当てはブルターレ800だったんですが、残念ながら試乗車がなく、
そのかわり、F3 675 に試乗してきました。

image


先日C600Sで箱根に行って、椿や七曲りが大好きな自分を再認識。
上りも下りも楽しくてしようがないw

まぁ下りも楽しく走れるC600Sも、スクーターとして大したものですが、
そのうち、C600Sでは我慢できなくなりそうだなーと思ってました。

かといって、SSだと結局一般道ではフラストレーションが溜まるだけ、
溜まらないレベルで調子ついていると、数年前の大怪我のようになるので、
そうするとネイキッドか・・・と妄想しておりました。

何年か前までは、スポーツスクーターもネイキッドもまったく眼中になかったのですが、
歳をとってきて、ようやくそういう考え方ができるようになりましたww


で、今まで乗ったネイキッドで印象に残っているのがブルターレ。
とくにモトコルセさんの猛獣のようなブルターレは、よかったなー。
ところが4気筒モデルはなかなかの値段で手が出ません。

そこで最近F3と同じ3気筒エンジン、かつ800cc版のブルターレが登場していたので、
興味が湧いてきたところでした。

しかし今回は試乗車がなかったので、展示車だけ見てきましたが、
このワインレッドはなかなか大人っぽくいいですねー。

9月には試乗できそうなので、楽しみです!

image

image


一方F3 675は試乗車がありましたので、乗らせてもらいました。

F3、ポジションはわりと優しいですが、この2stのようなエンジンの高回転志向と足回りは、
サーキット向けですよねw
下はスカスカですが、10,000rpm超えてのパワー感、そしてサウンド、たまりません。
オートシフター使ってのシフトアップは余裕でフロント浮くしw
足回りも高負荷向けな感じがしました。でも特に違和感はないです。

総論、サーキット走行では楽しいでしょうねー。
でも峠レベルなら、私はDaytona675の方が楽しく、かつ速く走れそうです。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です