C600S サービスキャンペーンの連絡キタ

C600Sport、リコールの連絡が来ました。

image

モデルイヤー2009以降で、新型のフラッシャースイッチ搭載モデルのハンドル左右の操作スイッチにおいて、スイッチ内部基板の熱膨張と収縮に対する設計が不適切なため、当該基板の配線が断線することがある。そのため、操作スイッチが作動せず、エンジンが始動できない、前照灯の切り替えができない、方向指示器が作動しない、又は警音器が鳴らないおそれがある。


「新型のフラッシャースイッチ」これってつまり、旧来のBMWの左右ハンドルについている

フラッシャースイッチではなく、国産メーカでは当たり前のハンドル左についている、

フラッシャースイッチを言っていると思いますが、、、新型っていうのが笑えますねーw


なかなか1,000kmに到達しないww我が家のC600Sは未だに1,000km点検に出していないので、

点検と一緒に直してもらおうかなー・・・

というか、今年に入ってエンジンかけてないかもw バッテリー上がってないかなー?

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です