2014MotoGP第16戦オーストラリアGP:ロッシ優勝、ヤマハ勢が久しぶりの表彰台独占

先週の2014MotoGP第16戦オーストラリアGP決勝、荒れました。

優勝はロッシ、2位にはロレンツォ、3位にはスミスが入り、

ヤマハ勢が久しぶりに表彰台を独占しました。


昨年に引き続き、波乱のレースでした。

トップ独走中のマルケスが転倒リタイヤ、イアンノーネの追突でリアタイヤ損傷しペドロサも

リタイヤと、HONDAファクトリーは全滅。

棚ぼたでトップに浮上したロッシは順調でしたが、

フロントタイヤが終わり、ずるずると後退していたロレンツォを抜いて2位浮上していた

クラッチローもラストラップで転倒。

ロレンツォを猛追しようとしていたエスパロガロ弟も転倒。

ということで、ロレンツォはこんなフロントタイヤで2位をゲット。


ヨーロッパの放送時間を考慮して決勝16時スタートするんであれば、

もう少し暖かい時期に開催すべきですよねー、フィリップアイランドは。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です