2011MotoGP第3戦ポルトガルGP:ペドロサ逆転で今季初優勝

予想に反してドライコンディションになった
2011MotoGP第3戦ポルトガルGP決勝が終わりました。

優勝はペドロサ、2位ロレンツォ、3位ストーナーでした。
ロレンツォのエストリル4連勝ならず、でした。


ペドロサは肩の手術をした直後のため、ひょっとすると後半ロレンツォから離されるかな、
と思って観てましたが、終盤に満を持して逆転&引き離しで優勝。

解説の辻本さんも話されていましたが、
M1と212Vの加速力/最高速には差がありすぎました。orz

4位争いをしていたロッシもドビに差されました。
最高速は出ていたGP11をもってしても、212Vにやられました。

そういえば、ロレンツォと口論となって決勝の走りが注目されたシモンチェリですが、
スタート直後にあっけなくハイサイドで自滅しましたw。


さて次戦はYAMAHAが過去優位なルマンですが、今季はどうなるかなー。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です