コルベット1,000km乗ってみた

納車して一週間足らずで走行距離1,000km超えてました(^^;;

取説によると、最初の800kmは4,000rpm以下で走行とのことでしたが、
車のレッドゾーン表示も走行距離800kmを境に自動で変化しました。

日々の冷間状態からのレッドゾーン表示変化(エンジンが暖まっていくと徐々にレッドゾーンが
変化)はM3同様にしつつ、このような慣らしモードからの変化も楽しいです。

@mimih997が投稿した写真



ということで、慣らし運転レベルではありますが、
1,000km走ったこのクルマの印象はこんな↓感じ。

クルマの動きはやっぱりスポーツカー。
C7 Z06コルベット程のオンザレール感はないけど、これで充分な感じ。

マグネティックライド(電制ダンパ)の反応も良い、
過去乗っていた911(997)/M3とは時代の差を感じます(笑)

ブレーキもリニアにきくので使いやすい、ただノーズダイブが他の動きと比べて大きいかも。
ただしその後のクルマの動きっぷりはまだわからないので、今後の楽しみ。

電動ステアリングは相当軽めだけど、過去BMWで感じたようなステアリングの切り角と実際のタイヤの動きの差による違和感は感じない。
よく使う道で言うと、圏央道厚木付近にある高速S字区間で、結構な速度でも狙った位置に一発でタイヤを置ける感じ。
その一方でそれ程神経質な反応ではないので、高速長距離走行が疲れない気がする。

低速から充分なトルクもあるせいか、トルコンの待たされ感はほぼ感じない。
この8ATなら、まったり乗りたいシーンとスポーツ走行も両立しそう。

燃費は悪くない。そこそこのペース+高速/一般道半々で、7.5km/ℓ~8.5km/ℓ。
アクセルを一定にするとどんなモードでも(トラックモードであっても)気筒休止する。

最低地上高がそれなりにあって、路肩への出入りがラク。

それから、いろいろ便利機能が標準装備されていて嬉しい(笑)
でも日常生活でのアシグルマなので、こういうことは大事。

ヒータ/ベンチレーション付シート:暑い季節はベンチレータが助かる、但しエアコンの風が出るんではなくて、送風しているだけの感じなので、暫くすると涼しく感じない。

フロント/リアカメラ:解像度が低いのが残念だけど、なかったら大変。ただしセンサーはないので、気をつける必要あり。

バック時のミラーチルト:BMWだと助手席側しか動かなかったが、コルベットは両方設定可能。これもなかったら大変。

リモートスタート:室内温度を整えておけるのと、エンジンの暖気が出来るので便利。

Boseオーディオシステム:明らかにM3より音がいい。音楽聴いていて楽しい(笑)


後は早くオイル交換して全開走行時の油温がどうなるか見てみたいです。
以前C7 Z06コルベットを全開高速走行させてもらった時に油温が上がり過ぎて警告出たので、ちょっと気になってます。
標準は5W-30なんですが、スポーツ走行での推奨15W-50を入れて状況を見てみたいと思ってます。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です